~LP流~ 宿題の提出率が悪いので,居残り学習をしてもらうことにした(その②)

こんにちは!LPです!

 

今日は生徒に「宿題が終わっていなければ,放課後に残ってもらう」としていた日でした。結論から言うと,

提出率が90%を超えました。

やむをえない事情のある生徒や,放課後に残りはしたけれども宿題が終わらなかった生徒には明日提出してもらうことにしました。

 

生徒にとっては放課後に自分の時間を束縛されるのは嫌だったんでしょうね。休憩時間中も必死にやっていました。

しかし,残念ながら答えを写したんだろうなというようなノートも見られます。

 

定期考査後に宿題を提出するメリットはほとんどありません。定期考査後に知識がついてもテストの点数が上がるわけではなく,さらに提出物の点数も期限内に提出した場合と比べて下がりますからね。

それなのに,なぜ私が生徒に宿題の提出をここまで強く求めたのか。それは

定期考査の問題のほとんどが宿題から出ていることを生徒に気づいてほしいからです。

 

宿題を期限までに提出して頑張った人が報われる。

そのことに気づいてほしかったんです。

 

「毎日遊ばず勉強しろ」なんて言うつもりはありません。大人だって時には遊びたいですから。ですが,何事においても努力するべきタイミングがあるということを知ってほしいんです。

話が逸れますが結果は次の式で成り立ちます。

結果 = 努力 × タイミング × 運

結果が実を結ぶためには努力とタイミングと運が大事なんです。

f:id:reo6561c:20210302230045p:plain

【努力】

漠然とした言葉に聞こえますが,自分が可能な限り継続して力を出すことです。

しかし、気を付けてほしいのは「努力は裏切らない」はウソです。

例えば,今から私がジャニーズになりたいと思って一生懸命努力しても,私がジャニーズに入る夢は叶わないでしょう。なれたらいいですが(笑)

努力の方向を間違えたら結果は出ないです。「正しい努力は裏切らない」というべきですね。

 

【タイミング】

先の努力と重なるところはありますが,タイミングも重要です。

戦国時代に出てきた銃は戦争において画期的でしたが,現代の戦争で銃だけで戦えば,すぐに負けてしまいますね。物事には旬があります。

時期により,重要視されるものは変わってきます。

 

【運】

努力してもしていなくても,タイミングが良くても悪くても,運良く結果が出ることもあります。

テストの勉強をあまりしていなくても,たまたま自分が覚えていたところが問題に出るなんてことありますよね。

何かの帰りに雨が降ってきても,施設によっては傘を貸し出してくれるところもありますよね。

しかし,この運の可能性を高めることができます。

それが考え方努力です。

雨が降っていて「虹が見えるかも☆」とポジティブに捉える人と「雨や!うざ!」とネガティブに捉える人では,ポジティブに捉える人の所に運は舞い降りてきます。

レギュラーの人がケガで試合に出れない時,「あいつ毎日素振り1000本してるから,試合に出してあげようか!」と努力していた人を代わりに出すことがあります。

努力が運にも結び付くなんて努力は一石二鳥ですね!

 

生徒にも,努力するべきタイミングを見極める力,そして運を身につけてもらいたく,

宿題に対して厳しく取り組んでもらいました。

 

今日もありがとうございました!